立川・昭島・武蔵村山・福生・東大和 お車の健康サポート!

重要!車検に必要書類な自賠責保険のこと

自賠責保険とは

自賠責保険とは「自動車損害賠償保障法」と呼ばれ、事故の被害者を救済するためとして設定された法律に従い、運用されており正式な名称は「自動車損害賠償責任保険」です。多くはバイク(原動機付き自転車を含む)と自動車が対象で、自動車の場合は新車や中古車の買い上げの時や車検の時に継続、もしくは加入します。

これは強制的に加入が義務づけられており、自賠責保険を「強制保険」という人もいます。 もし仮に、自賠責保険に加入していないと公道を車で走る事は許されず、もし未加入や保険期間を切れたまま運転している場合は、「50万円以下の罰金もしくは1年以下の懲役」+「違反点数6点(免許停止処分)」となるため注意が必要です。また、自賠責保険に加入しているが、自賠責保険証明書を車、もしくはバイク(原動機付き自転車を含む)に乗せていない場合は「30万円以下の罰金」に値します。事故の被害者が泣き寝入りにならないよう、車(バイクも含む)を運転する運転者が必ず加入しなければならない保険です。

自賠責保険は絶対に加入しないといけないの?

何度もいいますが、自賠責保険は人によっては強制保険とも言い、車の所有者に必ず加入が義務付けられている保険です。
加入がなければ車検は通らず、公道を走ることはできません。

また、自賠責保険は保険会社や代理店によって保険料が変わることは絶対にありません。たいていは自動車修理工場や自動車販売店、損害保険会社など、取り扱っている会社で加入することが一般的です。

じゃあ、自賠責だけ入っていればいいのか?

答えはNOです。

あくまで交通事故にあわれた被害者の救済を目的としたのが自賠責保険です。

建物、相手の車、自分の車、電車やバスなどの交通機関を壊してしまった場合、保険金は全く支払われず、すべて自己負担です。

なお、対人への補償は最高で4,000万円、死亡時は3,000万円です。

対人 物損
後遺障害時 4,000万円  

保障無し

死亡時 3,000万円
傷害 120万円

上記の表をみて、「こんなにでるの?じゃぁ自賠責だけでいいじゃん!」と、思う人もいるかもしれません。

残念ながらそうではありません。

事故次第では高額な賠償金額になってしまうことは珍しい事ではありません。そして、ご自身のけがの補償も一切補償されません。

ではどのくらい高額な賠償金額があるかというと私の知る限りだと約5億3000万という金額をきいたことがあります。

ですので、自賠責保険はもちろん任意保険も加入したほうがよいといえます。

自賠責保険のまとめ

バイクや車を公道で走るには絶対に自賠責保険に加入しなくてはいけません。

もし、加入していない状態で走行してしまうと、「50万円以下の罰金もしくは1年以下の懲役」+「違反点数6点(免許停止処分)」となり、自分自身にかなりおおきな損害がでるでしょう。

そして忘れてはいけないのは自賠責保険は事故の被害者が泣き寝入りになってしまうことを防ぐ保険ということを忘れてはいけません。

 自賠責保険にだけはいっていれば、保険にはいっていることになるから任意保険には入らなくても大丈夫!なんてことは絶対にありません。

賠償にはいろいろなケースがあり、高い賠償はいくらになるかわかりません。自賠責保険の賠償金額は限度があるため、しっかりカバーするには任意保険の加入は絶対に不可欠です。

これも忘れてはいけないのが、自賠責保険はご自身のことは一切補償されないのでご注意ください。

車に乗っていて絶対に何もないということはありません。

安心第一を考え、絶対に自賠責保険の期間を切らして走行することは絶対におやめください。